病院

末期がんも治療法を探せば希望はある|病気に打ち勝つための治療方法

手術対象と術後

病室の男女

髄膜種になった場合、適切な治療をすれば予後も大変いいです。また、術後必要な場合はリハビリや追加で治療を提案する時もあります。術後の容体を安定させるためにも大切でしょう。

もっと見る

特徴と治療を知る

ナース

肺腺がんのは発症率は全体で60%と高めです。また、このタイプの肺がんは日本人に多く発症するといわれており、年々増加傾向にあります。肺腺がんの治療法はいくつかありますので頑張りましょう。

もっと見る

治療技術の向上

診断

放射線の技術が発達している

生活習慣でがんを発症させるケースが増える中、がん治療も進歩を続けています。以前は、がん腫瘍の数が多いと放射線の治療も難しくなるので中々治療に打ち込めませんでしたが、近年は末期がんに対応できる新しい放射線治療が出てきたので、余命より長く生きられるようになりました。x線は、小さいがんへ良く効く治療法で、身長から2㎝程度のものならがん細胞を小さくすることができます。また、放射線の被爆数が小さくなるので体に与える負担をだいぶ抑える事ができるでしょう。腫瘍だけを集中的に攻撃していくのでステージが進んだ末期がんにも対応することができます。粒子線治療においては自由診療になるため、費用も高くなりますが、基本的に破壊力が強力であるため根本的にがん細胞をやっつけたい時に使われます。また、一回で当てる高線量が多いので、副作用を抑えながら末期がんの治療ができます。

治療先を決める

末期がんの治療は、主に放射線治療になりますが質が向上しているため確実にがん細胞を破壊することができます。このような治療をする場所は、日本全国に沢山ありますので長く生きるためにも探していきましょう。末期がんの治療に力を入れる病院は、珍しいがんの治療にも積極性をもっています。また、症例の集まりやすい病院は数々の治療方法を提案できるので、希望の光です。そして自分の免疫を使った免疫療法に至っては、副作用が少ない治療なので、体力が消耗する末期がんの治療に最適です。この治療でがん細胞を小さくした例が存在するので期待は十分持てるでしょう。

病気が増えている

白衣の人

現代人に多い糖尿病は予備軍を合わせるとかなりの数になるといわれています。増え続ける要因や初期症状も出てくるので、おかしいと感じたら詳しい検査をしましょう。放置すれば治療期間も伸びてしまいます。

もっと見る